保険の相談窓口で増えている来店型店舗の特長とメリット

保険を加入する際の相談先は営業担当から直接提案を受けるか、あるいは代理店で加入するという方法などがあります。その中で身近なところで増えているのが来店型の店舗です。街中や商業施設の中など足を運びやすいところに立地しており、話やすい雰囲気も特長です。来店型の店舗での保険の相談はネットから申し込むことができ、希望する店舗を選ぶことができ、日時も指定できます。提案はひとつの会社を薦めるスタンスではなく、複数の会社から受けられることも大きな特長です。担当するのは商品内容をはじめ、家計の見直しなどライフプランの提案に長けた専門スタッフで、万一のための保障を家計の事情を含めてじっくり話すことができます。中立的な立場で勧誘がないのも、気軽に話せる理由になっています。

いま増えている来店型店舗の特長とは

現在、加入しているものが果たして自分や家族の今後に十分であるかどうか、保障内容の割には負担が大きくなっていないか、いろいろな面で不安や疑問が出てきます。そのような疑問や不安に気軽に話ができるのが来店型店舗です。ひとつの会社から、営業担当からの提案では選択肢も限られてきます。いくつかの会社から選べること、家計全体から見直しができることは選択肢を増やすだけでなく、ムリのない加入も可能になります。形がない商品であり、専門用語も多いだけに気軽に話せることは重要です。保険は保障内容にもよりますが、マイホームに次ぐ高い買い物と言われています。月々の掛け金は千円単位と少額にみえるようでも、長い期間で考えると大きな出費となります。それだけに気兼ねなく何でも話せる窓口があることは頼もしい限りです。

ライフスタイルの変化に合わせて気軽に話せる場所

営業担当から押しの提案で加入することも多く、身の丈に合った保障であるかどうか、確認の意味でも来店型店舗を活用しても良いでしょう。医療や社会保障が年々進化、変わりゆく中で万一の保障もそれに合わせて見直していくことは重要です。また、結婚や出産・マイホームの購入などライフスタイルの変化に合わせた見直しも必要になってきます。窓口ではそうした節目に今後の保障を話してみることです。万一のためのものであり、今は必要を感じないと考えがちですが、少し先のリスクをみることも大切です。専門家の話を聞くことは、少し先のリスクを実感できる場にもなります。例えば一家の大黒柱が病気やケガに見舞われると、収入減などで家計は苦しくなります。必要なところに、必要な保障を、ムリのない負担で掛けていくことが大事です。その良き相談先として挙げられているのが来店型店舗の窓口です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加